開催概要・プログラム

第20回九州高気圧環境医学会 開催要項

会期
2019年7月6日(土)
会場
イイヅカコスモスコモン1階展示ホール
(福岡県飯塚市飯塚14-66)
会長
増本 陽秀(飯塚病院 院長)
大会テーマ
いま扉を開く高気圧酸素治療の新展開
事務局
飯塚病院 院長室

プログラム

詳細プログラム

全体懇親会

特別講演

演題
オリンピック・パラリンピックと高気圧酸素治療
演者
東京医科歯科大学 スポーツ医歯学診療センター 医学部附属病院高気圧治療部
柳下 和慶先生
座長
佐賀大学医学部附属病院 救急医学講座 教授 阪本 雄一郎先生

柳下和慶先生のご紹介はこちら

柳下和慶
略歴

氏名  柳下やぎした 和慶かずよし

学歴
1991年
東京医科歯科大学医学部 卒業
2003年
東京医科歯科大学 医学博士
職歴
1991年
東京医科歯科大学 整形外科 入局
1996年
東京医科歯科大学医学部附属病院整形外科 医員
1999年
University of California, Los Angels, Department of Orthopaedic Surgery visiting fellow
2000年
Florida Orthopaedic Institute, Tampa General Hospital visiting fellow
2000年
東京医科歯科大学医学部附属病院整形外科 医員
2002年
同上  整形外科 助手
2005年
同上  高気圧治療部 講師
2008年
同上  高気圧治療部 部長
2012年
同上  スポーツ医学診療センター長
2013年
同上  准教授
2014年
東京医科歯科大学 スポーツ医歯学診療センター長
医学部附属病院/高気圧治療部 部長
現在に至る
 
資格・免許
  • 日本整形外科学会専門医・認定スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本高気圧環境・潜水医学会認定高気圧酸素治療管理医・専門医
  • 日本医師会認定産業医
学会理事・評議員・委員等
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
  • 日本臨床スポーツ医学会 評議員
  • 日本オリンピック委員会情報・医・科学専門部会 委員
  • 日本整形外科スポーツ医学会 代議員
  • 臨床工学技士国家試験委員会 委員
  • 日本スケート連盟スピードスケート医学部門責任者、強化スタッフ
  • 日本高気圧環境・潜水医学会 代表理事
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック大会 選手村総合診療所 整形外科チーフマネージャー

文化講演(ランチョンセミナー)

演題
小石原焼の伝統と太田熊雄窯
演者
小石原焼 太田熊雄窯 太田 孝宏氏
座長
飯塚病院 院長 増本 陽秀

太田孝宏氏のご紹介はこちら

太田孝宏
略歴

氏名  太田おおた 孝宏たかひろ

小石原焼 太田熊雄窯 二代目

1942年
8月26日誕生
1958年
陶芸の道に進む 父熊雄 師事
1972年
福岡県美術協会 会員
1981年
第6回日本陶芸展 入選
1982年
福岡県美術協会会員展 奨励賞
日本民芸館展 大賞
1983年
第3回西日本陶芸美術展 通商産業大臣賞
第25回日本民芸公募展 労働大臣賞
1985年
第5回西日本陶芸美術展 福岡県知事賞
第6回日本陶芸展 日本陶芸展賞
1987年
第11回ワシントン州シアトル桜祭大皿出品
国際交流基金現代日本伝統陶芸展海外展示
1988年
第8回西日本陶芸美術展 通商産業大臣賞
パリ現代工芸秀作展 秀作展賞
陶業30周年作品集発刊
NHK「陶魂」民陶一家 出演
1990年
第10回西日本陶芸美術展 内閣総理大臣賞
1991年
日本民芸協会 会員
1992年
第34回日本民芸公募展 内閣総理大臣賞
1993年
「太田熊雄遺作・三代の炎展」 NHKにて
第15回現代沖縄陶芸展審査員
1995年
日本テレビ 「わざありにっぽん」 出演
1996年
NHK衛星放送 「やきもの探訪」 出演
1997年
第14回日本陶芸展推薦部出品
2002年
県版 「現代の名工」
2003年
日本民芸館展 大賞
2004年
第18回日本陶芸展招待作家就任
2006年
第19回日本陶芸展招待作家就任
TNC 韓国と日本交流「やきもの里帰り」 出演
2007年
卓越技能者「現代の名工」
2008年
「黄綬褒章」 受章
第20回日本陶芸展招待作家就任
2012年
NHK「発掘ふくおか・いまとむかし」 出演

教育講演

演題
高気圧酸素治療の事故事例から知るリスクコントロール
演者
九州保健福祉大学 臨床工学科 准教授 右田 平八先生
座長
飯塚病院 臨床工学部 主任 井桁 洋貴

右田平八先生のご紹介はこちら

右田平八

氏名  右田みぎた 平八へいはち 博士(保健科学)

所属  九州保健福祉大学 保健科学部 臨床工学科 准教授

資格等

臨床工学技士、専門臨床工学技士(高気圧酸素治療)、呼吸療法認定士、臨床経験20年+教育歴9年~ 現在に至る

研究分野(基盤研究)

A.生体医工学・生体材料学  B.医用システム  C.医療技術評価学

所属学会等
  1. 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会(評議員)
  2. 日本高気圧環境・潜水医学会(評議員)
  3. 日本高気圧酸素医療技術学会(理事)
  4. 社団法人日本臨床工学技士会(JACE Academy)
  5. 九州高気圧環境医学会(評議員)
  6. 宮崎県臨床工学技士会(理事)
  7. 宮崎県呼吸療法ネットワーク(事務局長)
著書等
  1. 高気圧酸素治療実践マニュアル(羊土社)
  2. 臨床工学プラクティカル・フルコース(メジカルビュー社)
  3. 専門臨床工学(日本臨床工学技士会)
  4. 第6版高気圧酸素治療法入門(JSHUM)
  5. 第二種MEマスター・ノート 2nd edition(MEDICAL VIEW社)
論文等
  1. 高気圧酸素治療装置運用の実際 JSHUM雑誌 51(3): 175, 2016.
  2. Hyperbaric oxygen therapy suppresses apoptosis and promotes renal tubular regeneration after renal ischemia/reperfusion injury in rats. Nephrourol Mon. 17;8(1) Jan. 2016.
  3. HCC (1.3 ATA) 環境下の客観的評価に向けた計測について JACHOD雑誌 14(2): 69, 2017.
  4. HBOT装置オペレッタ養成の問題点 JACHOD雑誌 15(2): 109, 2018.
研究報告
  1. 高気圧環境下の自律神経系作用と末梢循環への影響 Health & Mind Forum (HME) Feb. 2017.
  2. HCC (1.3 ATA) 環境下の客観的評価に向けた計測について vol.14. JACHOD May. 2017.
  3. 1.3 ATA環境下の水素ガス吸入がもたらす局所脳還流と自律神経系作用への影響 Health & Mind Forum (HME) Feb. 2018.
研究指導
  1. 高気圧酸素治療における加速度脈波の検討(関谷、平敷:2013年)
  2. PI及びrSO₂を用いたHBO中の末梢灌流モニタの検討(大野、本坊:2013年)
  3. HBO下における酸素マスクの形状別による酸素化効果の検討(廣瀬:2014年)
  4. HBO中の末梢循環評価に用いる局所混合血SO2測定の検討(熊本、日高:2014年)
  5. 1.3気圧環境下がANS及び末梢循環に与える作用について(木戸:2014年)
  6. HBO中における自動カフ内圧調整器の作製に関する基礎検討(田中、比嘉:2015年)
  7. HBO環境下における血圧変動と生体パラメータ解析(坂井、西村:2015年)
  8. 1.3 ATA 環境下での生体酸素化に関する検証(山本:2016年)
  9. 高気圧環境下のH2ガス吸入がもたらすANS作用とrSO2への影響(鶴田:2017年)
  10. 高気圧環境下の吸入ガスが及ぼす視覚機能への形態変化(安東:2018年)

会場のご案内

イイヅカコスモスコモン

住所
福岡県飯塚市飯塚14-66

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR新飯塚駅よりタクシーで5分

※会場最寄りはJR飯塚駅ではなく、新飯塚駅をご利用ください。

飯塚バスターミナルから徒歩10分
隣接する駐車場もございます。(有料)

併催セミナーのご案内

「高気圧酸素治療安全セミナー」を本学会と同日開催いたします。
セミナーの概要など、詳しくはこちらをご覧ください。

日時
2019年7月6日(土)15:15~17:15
会場
イイヅカコスモスコモン

評議員会

学会開催に先立ちまして、評議員会を開催いたします。

日時
2019年7月5日(金)17:00~18:00
会場
飯塚病院北棟4階多目的ホール